ダ・ヴィンチとミケランジェロ展行ってきた




最後は、手記の怒涛の展示

手記は、置いてあっても読めません。

でも、全然違うのが面白かったの。

レオナルドは、学術の発展になるものを残し、ミケランジェロは家族を思いねぎらう手紙が展示されていました。

あと、レオナルドの手記で笑ったのが

自分専用の辞書を作ってる途中で、気になっちゃってスケッチが文字の上に堂々と書いて有ること(笑)

ミケランジェロは詩人でした。そしてミケランジェロのスタンプ印格好いい。




コメントを残す